キャッシングでの年間利息の利率設定面での課題

利息制限法・貸金業法その他各関連法で、キャッシングサービスでの利息設定は、50万円以下は18.0%、100万円以下は15.0%等々、そうした法定利息の規定がなされているような状態になっています。

しかし、これが実は曲者であり、1つの金融事業者が違う50万円以下の商品の貸付を複数分、同一の利用者本人へ貸付をして、あまりにも高額な18%のままの利息を何十万円以上も不当に取り上げて、暴利を貪るような事態が従来から問題になってきました。

このような不当な年間利息利率を扱う金融事業者に対してはやはり、弁護士や司法書士などのような専門家の先生へ相談をして、裁判所介入の下での調停交渉などで、利息分を回収していく方法があります。

もしくは、こうした不当な利息設定がなされた債務の返済そのものを10年間拒否して消滅させていく方法があります。

何れかの方法を用いて、最低限の生活を守っていく事がとても大切です。

コメントは受け付けていません。.